ライスフォースはなぜ電話がある?

ライスフォースはなぜ電話がある?

トライアルキットを購入した人に対し電話するという営業の仕方は、今時古いと思う方もいるかもしれません。最近は電話を一切しないと断言する企業も増えてきており、商品のよさを分かってもらえればリピーターになってくれると判断しているからなのでしょう。しかしライスフォースは時代と逆行していて、電話もすればメールでの連絡もあったり、DMも送っている会社です。なぜ一般の人が避けたがる電話をこの会社は行なっているのでしょうか?
どうやらこの会社は勧誘目的だけで電話をかけているわけではないようです。もちろんお買い得商品を勧めたり定期購入を提案するなど欲しいと思っている人に対しアピールは多少するのでしょうが、必ずしも勧誘だけの目的を第一に考えているわけではないようなのです。電話する目的は使用者の生の声をダイレクトに聞けるからなのだとか。トライアルキットが使いにくかった、使用感が悪かった、潤いが足りないなど使った人それぞれの感想を聞けるのは電話が一番だからです。その後本当に商品が改良されているかは不明ですが、リアルな声を聞きたいという発想は評価することができますね。また、サンプルだけでは分かりにくい使い方とか、短期間では感じられない使用感の特徴などメリットのある話も提供しているようです。